無意識に健やかで幸せな健幸人を増やす

ほんまや梅司の健幸ブログ

映画 語学 韓国

「エクストリームジョブ」昼はチキンで大繁盛、夜は潜入捜査官!

2020年1月7日

スポンサーリンク

「エクストリームジョブ」昼はチキン店、夜は潜入捜査官

このブログの後半は韓国語です。
블로그의 후반은 한국어로 써 있습니다.

韓国では去年のランキングで動員数が1600万人を超えて第一位である。

「エクストリームジョブ」

リュ・スンリョン
イ・ハニ
チン・ソンギュ
イ・ドンフィ
コンミョン
シン・ハギュン

監督 イ・ビョンホン
脚本 ムン・チュンイル
撮影 ノ・スンボ

照明 パク・ソンチャン
美術 イ・ジョンゴン
編集 ナム・ナヨン

原題    극한직업
英題 Extreme Job

あらすじ・・

麻薬組織のボス、イ・ムベを逮捕するために張り込みを続けていた麻薬捜査官メンバー達に思いもよらぬ事が起こる。

張り込みをしていたチキン店の主人が店をたたむことになったと言うのだ。

そうなれば今までの計画が水の泡になってしまい、逮捕することができなくなる。

捜査を継続するためコ班長が退職金を前借りし店を引き継ぐ資金に当てる。

捜査官メンバー達は昼夜張り込みを続けるため来客を断っていた。

しかし偶然作ってみたヤンニョムチキンが大当たり!

SNSの拡散によって店は大繁盛!

店を切り盛りするのが精いっぱいで息つく暇もない。

張り込みよりも店の運営のほうがメインになってしまう。

我々の仕事は?職業は何なんだ?

捜査官?チキン店?

そして、組織からチキン注文の電話がかかってくる。

満を持して現場へ向かうメンバー達。

しかし、組織は引っ越したあとで、もぬけの殻。

途方に暮れる彼らにチキン店をチェーンとして全国展開しないかと話が持ち上がる。

 

 

終始テンポが良く最後まで見るのに苦にならなかった。

はっきり言って笑えます。

出演者全員のキャラクターが濃くてわかりやすいって言うんですかねぇ。

”間(ま)”のとり方もうまいんですよ。

終盤の乱闘シーンで捜査官それぞれの素性が明らかにされていく感じ。

大好きです。

捜査官の一人がテコンドーではなく元柔道の選手だったり、チキン店が日本からの観光コースになっていたり日本への配慮が感じられます。

警察が麻薬組織を検挙しメンバー全員が昇進して終わる、というとっても気持ちのいい終わり方です。

 

韓国語の勉強のため韓国語で書いてみました。
한국어 공부를 위해 한국어로 써 봤습니다.

 

줄거리 ..

마약 조직의 보스을 체포하기 위해 잠복을 계속하고 있던 마약 수사관 회원들에게 생각지도 못한 일이 일어난다.

잠복을하고 있던 치킨 가게 주인이 가게를 접게 됐다는 것이다.

그렇게되면 지금까지의 계획이 물거품으로 버려, 체포 할 수 없게된다.

수사를 계속하기 위해 코 반장이 퇴직금을 가불 해 가게를 인수 자금에 돌렸다.

수사관 멤버들은 밤낮 잠복을 계속 손님을 거절했다.

그러나 우연히 만들어 봤다 양념 치킨이 대박!

SNS의 확산으로 가게 대번창!

가게를 꾸려 나가는 것이 힘껏에서 숨 돌릴 사이도 없다.

잠복보다 가게 운영 쪽이 메인이되어 버린다.

우리의 임무는? 직업은 뭐야?

수사관? 치킨 가게?

그리고 조직에서 치킨 주문 전화가 걸려 온다.

만반의 준비를하고 현장에 향하는 멤버들.

그러나 조직은 이사 후에 아무도 없다.

낙담하는 그들에게 치킨 가게를 체인으로 전국 않을까 얘기가 들린다.

 

시종 템포가 좋고 끝까지보기 위하여 괴롭지 않았다.

명확하게 말하면 웃을 수 있습니다.

출연자 전원의 캐릭터가 진하게 알기 쉰 것 같아요.

"타이밍"을 맞추는 방법도 능숙거든요.

막판 싸움 장면에서 수사관 각각의 배경이 밝혀가는 느낌.

좋아해요.

수사관 한 명이 태권도가 아니라 원래 유도 선수이거나, 치킨 가게가 일본에서의 관광 코스가 있고 일본에 대한 배려가 느껴집니다.

경찰이 마약 조직을 검거 멤버 전원이 승진 끝나는라는 너무 기분이 좋은 끝나는 방법입니다.

 

 


  • この記事を書いた人

ほんまや梅司

「感謝」と「貢献」😜健幸活動家! webフリーライター/健康管理士一般指導員/アドラー流メンタルトレーナー💖筋トレ大好き筋肉増量中!読書/映画/食べ歩き/K-pop(特にApink)/夏は昆虫採集/冬はスノボ/踊るなら河内音頭かZUMBA 💚 1967年9月18日生まれ。大阪市在住。乙女座のAB型。

-映画, 語学, 韓国

© 2021 ほんまや梅司の健幸ブログ Powered by AFFINGER5