無意識に健やかで幸せな健幸人を増やす

ほんまや梅司の健幸ブログ

映画 韓国

アカデミー賞を受賞したポン・ジュノ監督作品「母なる証明」

2020年2月14日

 

スポンサーリンク

母なる証明 作品

監督 ポン・ジュノ
脚本 パク・ウンギョ/ポン・ジュノ
制作 ムン・ヤングォン/イ・サンヨン

撮影 ホン・ギョンピョ
美術 リュ・ソンヒ
音楽 イ・ビョンウ

編集 パク・ドンスン
衣装 チェ・ソヨン
制作総指揮 ミッキー・リー

2009年/129分
原題 마더

母なる証明 出演者

キム・ヘジャ  ヘジャ
ウォンビン   トジュン
チン・グ    ジンテ

チョン・ミソン ミソン
ユン・ジェムン ジェムン刑事
ソン・セビョク 刑事(セパタクロ)

イ・ヨンソク  古物商老人
ムン・ヒラ   ムン・アジョン
チョン・ウヒ  ミナ

キム・ビョンスン班長 
ヨ・ムヨン   ゴン・ソクホ弁護士
チョン・ヨンギ 男子高生(細)
コ・ギュピル  男子高生(太)

イ・ミド    アジョンの友人
キム・ジング  アジョンの祖母
イ・ジョンウン アジョンの親戚

スポンサーリンク

母なる証明 あらすじ

静かな街

鍼灸師の母ヘジャ(キム・ヘジャ)と知的障害を持つ息子トジュン(ウォンビン)。

 

裕福では無いが母と息子二人で仲良く生きている。

 

トジュンの唯一の友達は幼馴染のテジン(チン・グ)。

 

いつものように家の前で遊んでいたら、黒いベンツが通りがかりにトジュンと接触。

 

トジュンは大丈夫なのだが、

テジンが激高し、

ベンツを追いかけ、

ゴルフ場で持ち主と一騒動。

 

警察のお世話になる。

 

次の日は地元のスナックでトジュンはテジンと待ち合わせするのだが、

すっぽかされ酔いつぶれてしまう。

 

千鳥足で家に向かうトジュンの前に、

1人の女子学生の姿が・・・

 

トジュンは声をかけるが相手にされない。

 

仕方なく家に帰り母親の横で添い寝する。

 

容疑者

翌日いつものようにトジュンが家の前でたむろしていると、

中年男性に声をかけられ車に無理やり乗せられている。

 

それに気づいた母親が追いかけるが、

その車が目の前で事故を起こしてしまう。

 

車の中にいるトジュンの手には手錠がかけられていた。

 

涙ぐむ母親。

 

昨晩、トジュンが家に帰る際に前を歩いていた女子学生が遺体となって発見された。

 

現場にはトジュンの名前が書かれたゴルフボールが落ちていたのだ。

 

トジュンは参考人として警察へ連行されるところだった。

 

幼馴染のテジン

「・・・うちの息子が人殺しなんて、

そんなだいそれた事ができるわけがない。」

 

そう信じている母は息子の潔白を証明しようとエリート弁護士に相談してみるも、

俗世間に浸かりきっている弁護士には母親の心の叫びが遠くにしか聞こえていないようだ。

 

真犯人を突き止めるため、

母は、トジュンに何でもいいから思い出したら必ず言うようにと言葉を残す。

 

母ヘジャは嘘をついていた友達のテジンが怪しいと、

彼の留守中に自宅へ不法に忍び込む。

 

クローゼットの中に血痕の付着したゴルフクラブを見つけ、

こっそり盗み出す。

 

それを警察へ届けるが血痕だと思っていたのはテジンの彼女の口紅であることがわかった。

 

その夜、母親が帰宅すると待っていたのはテジン。

 

テジンは自分を犯人扱いしたと、

最初はヘジャを攻めたが、

「もし自分だったらこんなやり方はしない、殺された女子高生アジョン(ムン・ヒラ)はいろんな噂があった娘だから、彼女の周りの情報収集から始めないといけない」と、

ヘジャにアドバイスする。

 

遺品の行方

そしてヘジャがアジョンの友人であった女子高生(イ・ミド)を探して、接触に成功。

 

しかし、

目を離したすきにいなくなり、

周辺を探していると男子高生不良グループにからまれていた。

 

なんとか女子高生を逃がし、

テジンに協力を求める。

 

テジンは男子高校生からアジョンの携帯に何かあると判断。

 

携帯にはアジョンと関係を持った男性たちの映像が収められていた。

 

そこに映っていた一人の古物商の老人が、

事件当日、

現場近くにいたことをトジュンが思い出す。

 

そしてヘジャはその老人を訪ねて、

話を聞き出そうとするのだが・・

 

母なる証明 感想

悲しい。

 

悲しい映画でありました。

 

母親ヘジャの一人息子に対する思いが、よく伝わってきます。

 

逮捕された息子を何とか助けようとするのですが、

所詮、素人なのでやり方が雑。

 

しかも女性なので映像的にはゆっくりした動きに見える。

 

ちょっと言葉は悪いですが「どんくさい」って感じがします。

 

でもそうゆう「人間くさい」ところがうまく描かれている。

 

その分、

男性っぽい動きとしてテジン役のチングの演技でうまくカバーしているように思えます。

 

刑務所の面会室で、

トジュンが五歳の時に農薬を入れた栄養ドリンクを

母親に飲まされたことを思い出し、

それを打ち明けられた時の表情が凄かった。

 

こんなこと言われると、

驚きますよねぇ~!

 

キム・ヘジャさんの驚きの表情がとっても凄いです!

 

自分を殺そうとした母親のことを思い出すって怖いですよねぇ。

 

こんな過去があるために、

人一倍、息子を可愛がっていたのでしょうか。

 

罪滅ぼしのように思えます。

 

映画の冒頭で母親のヘジャが草原の丘の上で、

なんとなくリズムに身を委ねるシーンがあります。

 

私はおそらくこのシーンの意味を解読していく作品だろうなぁ~って思っていましたが・・・

まぁ・・確かにそんな感じでありました。

 

だ・け・ど、私の期待と予想は見事に覆された作品でした (いい意味で)。

   (^o^)

 

『母なる証明』予告編動画

スポンサーリンク

母なる証明 その他

出演者で注目したい人がいました。

殺されたアジョンの友人で顔に傷のある女子高生役の「イ・ミド」さんです。

 

ネットで名前を検索してみると「いとうあさこ」さんに激似だとか、

よくそうゆう記事が載っていますよね。

 

確かに写真を見るとよく似ているかもです。

 

2016年4月に2歳年下の会社員の男性と結婚されました。💛

そして、2018年の8月に長男を出産され、お母さんになりました。

 

私は彼女のインスタグラムが面白くてフォローしています。

 

一度見てみてください。

とっても面白いですよ。

 

   

そんな彼女のプロフィールを簡単にまとめました。

名前  イ・ミド 이미도
本名 イ・ウネ 이은혜
生年月日 1982/5/25
出身地 光州広域市
身長 168㌢
血液型 B型
学歴 漢陽大学演劇映画科卒業
デビュー 2004年
所属 ジェイワイドカンパニー

 

イ・ミドINSTAGRAM


  • この記事を書いた人

ほんまや梅司

「感謝」と「貢献」😜健幸活動家! webフリーライター/健康管理士一般指導員/アドラー流メンタルトレーナー💖筋トレ大好き筋肉増量中!読書/映画/食べ歩き/K-pop(特にApink)/夏は昆虫採集/冬はスノボ/踊るなら河内音頭かZUMBA 💚 1967年9月18日生まれ。大阪市在住。乙女座のAB型。

-映画, 韓国

© 2021 ほんまや梅司の健幸ブログ Powered by AFFINGER5